お金の貸し借りはダメ。気を付けて。

行政書士OKK濱口法務事務所です。

冒頭でダメといいましたが、全部が全部ダメな訳ではありません。

個人的にはお金の貸し借りはしませんが。

とは言っても世の中沢山の話があるわけで、そしたらどうするか?

気を付けないとあかんわけです。

今回はそんなお金の貸し借り

綴っていきましょう!

目次

お金の貸し借りは法律行為や。

そもそもなんですか、お金の貸し借りはそんなつもりが無くてもしっかりとした法律行為なんです。

言い方を変えたら

金銭消費貸借契約

法でさだめられてる。

だからこそ取り扱いに十分気をつけなあかん。

仕事柄なのかなんなのか良く聞くのが、

貸したけど返ってこん。

貸した相手が消えた。

こんなんが多い。

酷い場合は、飛ばれたり返済滞ってんのに自己肯定し出す奴。

現実逃避はほどほどにしとき。

では、どうすればいいのか書いていきます。

事前準備で決するお金問題

話の流れで貸したりしたら絶対良くないです。

あと、元も子もない話ですが個人があんまり金を貸すことはオススメしません。

はなしを戻しますが、

もし貸すとなれば、

一旦持ち帰ってください!

それからすること

・返す当てはあるのか?(資力)

・所在はわかってるのか?

・曖昧な約束ではないか?

・専門家のアドバイスはいらないか?

最低限これだけはしてください。

段取り軽いと相手も舐めてきよる

良く契約書作り直したりもするんですが、最初からキッチリつくる!

仲良いとか信頼してるとか

どうでもいいんで。

それなら上げてください。

中途半端なことするから気持ちも悪くなるし費用も時間もかかる。

契約を結ぶならしっかり現実の事象に向き合ってください!

まとめ

何度も申し上げてますが、

1.まず貸さない!

2.貸すなら万全な準備を!

3.仲良いとか、長いとか知らん。ほなあげろ!

4.現実の出来事に向き合う。契約はちゃんとする!

以上しっかり自分のお金は守ってください。

もし何かあればお話ください。

大阪市の行政書士事務所

行政書士OKK濱口法務事務所では、生きた法務で実務特化であなたをサポートいたします。

起業・法務顧問(トラブル解決、時間貯金)は 行政書士OKK濱口法務事務所にお問い合わせ下さい。

友だち追加


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次