ペットトラブル<あなたとペット>

行政書士OKK濱口法務事務所です。

私自身愛犬と住んでいるので、周り環境で耳にするのがペット(動物)ならではのトラブル。

・犬同士のじゃれ合いからの怪我

・通りすがりに喧嘩

・他者への損害

このあたりが耳にするトラブルです。

ではトラブル後どうすればいいのでしょう。

ペットは所有物扱いなんて、浅い知識だけでは到底対応できませんのでご注意を。

そもそもそこだけ知っててもあんま意味ないで?

目次

ペットトラブル後…

対応に関しては

・損害保険

・法律家へ相談

・本人同士で落とし所つける

このパターン大体。

しかし保険=相当な賠償とは限らない。

当たり前やけど保険の基準、プランの範囲内盲目に信じるのは良くない。

本人達で落とし所付けるのも微妙すぎる。

そもそも愛犬が怪我してるのに、一般の人がそんな冷静に妥当な話を出来る可能性は非常に低い。

相手も、保身や自己解釈で要点を捉えない話になるだろう。

知り合い通しでも起こりうる中で仲は悪なる、話はグダグダ。大体この辺に落ち着くケースが目立ちますね!

対応/自分の事実・権利を守りましょう。

どうすればいいかまずは結論から言うと

「事実、自己の権利・義務を確定させる」

事実が起こった(客観的事実)

結果〜になり

損害、被害が起こった。

そして、上記を補填するための損害賠償支払い等の取り決め。

ここで権利関係、支払い義務などの書面で確定させ押印などで証明する事が必要です。

なぜならここを確定しないと泥試合がはじまり多大な影響があります。さらにうやむやにされたらもう最悪。

個人的には、裁判に発展するケースもあるし

公正証書も有効活用すべきです。

まとめ

自分の愛犬等ペットのトラブルは予期せぬ出来事である場合が殆どです。

もし被害を与えた場合は、責任を取るのが当たり前で法律にも定められてますが、

被害をペットが受けた時も、補填して貰いペットに最善の治療や処置をするのがいい!

家族をまもるにはグダグダ解決せず、専門家に任せてください。

必ずキッチリ解決しましょう!

大阪市の行政書士事務所

行政書士OKK濱口法務事務所では、生きた法務で実務特化であなたをサポートいたします。

起業・法務顧問(トラブル解決、お金問題)は 行政書士OKK濱口法務事務所にお問い合わせ下さい。

友だち追加


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次