株式会社の定款にかかる費用は?

行政書士OKK濱口法務事務所です。

株式会社の設立について、気になる部分。

定価認証いくらかかるの?

目次

定款ができるまでの費用

まず定款とは、会社のルールブックや説明書みたいなものでこの1冊から会社が始まります。

では、流れと費用を見ていきましょう!

1.雛形、ヒアリング

まずは、会社を立ち上げる本人からのヒアリング。住所や資本金。

所謂、社長としての情報等が必要になります。

そして料金は以下の通り

2.料金

・定款用収入印紙代 40000万円

但し、電子の場合は不要。

・定款認証費用 3~5

・謄本手数料金2000 ページ250円

・登録免許税150000

・官報公告:6万円程度

自社ホームページも可能

全国紙(日経新聞など):10~100万円程度

印鑑作成 10000円~

上記の様な費用がかかります。

あとは、別途専門家への依頼料が必要とならります。

20数万円と依頼料が定款の合計金額になります。その後登記完了後晴れて会社設立です。

いかがでさしたか?

今回は費用にコミットして説明しました。

設立や法人成りの場合は、まずは専門家に相談してみましょう。

大阪市の行政書士事務所

行政書士OKK濱口法務事務所では、生きた法務で実務特化であなたをサポートいたします。

起業・法務顧問(トラブル解決、お金問題)は 行政書士OKK濱口法務事務所にお問い合わせ下さい。

友だち追加


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次