殺人が罪なのに死刑で人を殺すことは??【京アニ放火殺人】

行政書士OKK濱口法務事務所です。

今回の京アニ事件の公判で多数報道されてますが、見解を述べたいと思います。

目次

弁護側、検察側の主張

引用

検察側「筋違いの恨みを募らせた結果の類例なき凄惨な大量放火殺人事件だ」

弁護側「人を殺すことは悪いことなのに、なぜ死刑が正当化されているのか」

うん。

両方わかんねんけどなー。

完全個人的には、逆恨みもはだはだしい最低最悪の犯人の行いは許すべからずだと思います!

ただしそこは司法であり、やってまえ!的な事は出来ないわけです。

従業員、遺族の事を考えると歯痒いですね。

個人的な感情では死刑でも生ぬるいと考えてしまいますね!

双方の主張が拮抗する事はないと思いますが、どう進むのか。。

それぞれを考えてみる

まず、

筋違いの恨みを募らせた結果の類例なき凄惨な大量放火殺人事件だ」

間違いなくその通りだと思いますし割愛します。

人を殺すことは悪いことなのに、なぜ死刑が正当化されているのか

気になるのはこの弁護側の主張。

苦し紛れなのか、法的倫理観なのかはわからないですが

この主張だけ見ると、納得しますよね。

法学的には興味深い議題ではあると思います。

ただ!!

最低最悪に人を殺しまくっている場合!

その前後考えてこの考えは、馴染まないようにも感じます!

人を殺しまくっても、

法律が人を殺めることを禁止してるから、この当事者も殺せません。ではどうもねー

自分は人を殺せるけど、他からは殺されない。

みたいな構図がどうもしっくりこない。

勿論、殺す事を肯定する訳じゃなくて抑止力としてどうなんかと。

普通は倫理観や道徳で、犯罪はしない。人は殺さない。と言うのが一般的かと思うけども

1部の人間は、罰せられるからしない。という人種が居ることを理解しなければならない。

刑務所行きたくないから人を殺さない。

死刑いややから、大きな犯罪しない。

この思考の人間がだいたい犯罪を犯す人種でそいつらに法律が牽制する意味は大いにあるはずです!

死刑は様々な意見がある制度ですが、やばい人種に適応するには意味があるのかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次