週2.3の筋トレ国が推奨!!

行政書士OKK濱口法務事務所です。

10年振りに運動に関するガイドラインが更新されたので解説と見解を述べたいと思います。

目次

運動のガイドライン

以下引用:朝日新聞

身体活動や運動量が多い人は少ない人と比べ、循環器病やがん、うつ病、認知症などの発症・罹患(りかん)リスクが低いことが報告されている。  ガイド案は、科学的根拠をもとに子ども(18歳未満)、成人(18歳以上)、高齢者に分け、推奨する具体的な内容を示した。個人差もあるため、強度や量を調整し、できることから取り組むよう求めている。

10年くらい前から筋トレがブームになり

現在ではトレーニング人口が増えたのではないでしょうか??

2015年あたりではまだまだ珍しがられていたトレーニングも、国の運動ガイドラインに載るほど普及されたのですね。

ガイドラインの内容

腕立て伏せやスクワット、マシンなど一定の負荷のかかる筋力トレーニングは、成人、高齢者ともに「週2~3回」を推奨

一般的にトレーニングをしている人並みの運動量では無いでしょうか?

逆に運動待ったくしない人からしたら、ガイドラインにしてはハードルが高いようにも思います。

強弱の調整は必須ですね!

得られる効果

筋トレの実施により、死亡や心血管疾患、がん、糖尿病などのリスクが、10~17%低くなるとの報告もある

との事で、健康寿命を伸ばすにはやはり運動が居るようですね!

数百年前までは、大地を駆け回ってた名残なんでしょうか?

にしても、運動好きの私からすればいい発表になります!

自分に最適な運動したい人へ!

上記でも述べましたが、運動の強弱や種目などトレーニングには多岐にわたる調整が必要です。

姉妹にパーソナルジムもあらりますので、是非ともご利用ください。

OKK濱口法務事務所の記事見たで

↓↓↓

体験トレーニング+カウンセリング半額

更に

入会でトレーニング15パーセントoff!!

下記よりお問い合わせください。

↓↓↓

https://lin.ee/IxktnI7

以上、行政の、新ガイドラインによる番外編でした!

大阪市の行政書士事務所

行政書士OKK濱口法務事務所では、生きた法務で実務特化であなたをサポートいたします。

起業・法務顧問(トラブル解決、お金問題)は 行政書士OKK濱口法務事務所にお問い合わせ下さい。

友だち追加


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次