自転車の違反!ルールは100個以上ある!

行政書士OKK濱口法務事務所です。

自転車の違反は常習化されている現状です。

さらには、電動キックボードなんかも増えもはや無法地帯と言っても過言ではあらりません。

では、何故かと言うと自転車にも車同様規則や違反が100個以上あります。

そこを踏まえどの様な違反があるかみていきましょう。

目次

違反、規則、ルール

最初に1番守られていないのでは無いかと思われる

“通行区分”

もはや自転車は徒歩並にどこでもOKな風潮ですが車両区分を通行または、自転車通行区分されている所を通らなければなりません。

とはいえ習慣に基づいて考えると中々難しいところもあります。

しかし、集中する事でマナーは少なくとも改善されるのでは?

例えば歩道を歩行者が優先的だと分かれば

ベルを鳴らして追い抜く”違反“は、しなくなるとおもいます。

そう考えるとやはり自転車の交通ルールを周知するべきだと思います。

改善とこれから

電動スクーターなども増え更なるモラルの低下が懸念される昨今。

もう一度見直しと、運転手の倫理観、モラル、その他罰則など数えあげればキリがありませんが

広く考え直さなければなりません!

他人への被害を最小に抑えるためにも。

大阪市の行政書士事務所

行政書士OKK濱口法務事務所では、生きた法務で実務特化であなたをサポートいたします。

友だち追加


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次